カテゴリ: その他
2020/10/22(木)

社内通貨でモチベーションUPしたい! 導入の狙いや他社事例、当社の取り組みについて

こんにちは。ビーズ株式会社の出穂(いずほ)です。

感謝メッセージの受信やウォーキングなど従業員が望ましいアクションを行ったときに会社から付与される社内通貨。制度導入で業績アップにつなげたり、コミュニケーションの促進を図ったり、社員のモチベーションアップに向け様々な企業独自の取り組みが行われています。

今回は社内通貨制度の狙いや他社事例に続いて、ITリテラシーの向上や福利厚生の適切な配分等を目指した当社の取り組みについてご紹介します。

従業員のモチベーションアップに悩む総務担当者や経営管理部門の方、経営者の方の参考に、また就活生の方にも企業研究の際、導入企業に興味を抱くきっかけになれば嬉しいです。

社内通貨制度、その狙いとは

社内通貨とは、企業として奨励したい従業員の行動に対して付与される独自のポイントシステム。企業により、様々な狙いをもって導入されています。

<狙い>
・給与や賞与とは別のインセンティブとして導入
・社員の細やかな行動まで積極的に評価し、モチベーションアップ
・社内コミュニケーションの促進
・残業時間削減や健康経営の追求等

社内通貨は成績優秀者や社内コンテンスト受賞者に付与されたり、感謝の気持ちを示す時に従業員間で贈られたり。なかには業務依頼の対価や残業抑制の奨励、健康経営の促進に活用する企業もあります。

社内通貨、他社の成功事例

◯半導体製造装置メーカーのディスコ

社員一人ひとりが社内通貨「Will」口座を持ち、自分自身の人件費も、他者への仕事の発注も、備品の使用や購入も口座で支払いを行う、いわば管理会計の個人版です。

定型業務もありますが、それ以外の仕事は社内オークションにかけ、やりたい人が落札。社員が自発的に「やりたい仕事」を選べる仕掛けです。

厚生労働省の第1回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」で最優秀賞のうちの1社に選出されました。

◯フィットネスやリゾートホテル等を手掛けるフュービック

業績や売上にあらわれない評価や感謝を社内通貨「FRICA」で付与し、社内コミュニケーションの促進を図っています。たまった通貨はストレッチやヨガ、ホテル宿泊など自社サービスの利用に使用可能。

◯建設業のアップコン株式会社

8時前出社や社内の階段利用、徒歩通勤、禁煙といった行動に対してポイントを付与。ギフトと交換できます。厚生労働省主催の第3回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の最優秀賞のうちの1社。

ビーズの社内通貨システム「BSG」について

当社は2019年から社内通貨システム「BSG(ビーズゴールド)」を導入しました。
狙いは2点です。

<狙い>
1)社員にのぞむアクションの奨励
2)福利厚生サービス分配の妥当性向上

具体的に付与されるアクションは下記の通り。内容に応じて1BSGから200BSGまで評価されるようになっています。

<付与されるアクション>
・アイデア投稿
・社内ルールおよびITリテラシーに関するクイズに回答+正解
・表彰
・皆勤賞
・全社や部単位でのスローガンの採用
・社内図書の100文字以上レビュー
・ありがとうカードの受領
・マニュアルの修正・削除など校正メモ登録等

<利用できる福利厚生>
・コーヒーやおやつ、エナジードリンク、紙コップ等の消費
・試作品等の購入
・社内図書や社内備品の貸し出し等

導入の結果、社内図書を返却する際、きちんとレビュー投稿しようと感じたり、これまで個人的な連絡・やりとりで終わらせがちだった校正メモをこまめに登録したり、私自身も意識や行動の変化につながっています。

社員のBSG所持状況も公開されており、総獲得BSGをみれば積極的にのぞましいアクションを行っているのは誰なのか一目瞭然。

また、会社として人気のある福利厚生、そうでないものも把握できるので、今後の改善を考える資料としても活用できるようになっています。

まとめ

今回は社内通貨の狙いや他社の活用方法、当社の社内通貨「BSG」についてご紹介しました。発想次第で、社内通貨制度にはまだまだ色々な活用方法があるはず。

従業員のモチベーションアップに悩む総務、経営管理、経営者の方はもちろん、就活生の方が企業研究される際にも参考にしていただければ幸いです。