カテゴリ: ビーズ社員
2020/09/18(金)

「社内SEになってみた!」 ~入社2年目の転職組ITエンジニアコンビが語る本音トーク~

こんにちは。アウトドア用品やゲーミング家具のファブレスメーカー、ビーズ株式会社の出穂(いずほ)です。

就職や転職って本来、人と企業がお互いに「合う?」「合わない?」って選び合うもの。同じ仕事内容でもドライブしていく人によって、やり方も結果も大きく変わってしまいますよね。

だから、この人事ブログではビーズで実際に働く「人」や「仕事」をしっかり伝えて、ひとりでも多くの方とのよりよい出会いにつながればいいなぁと思って出穂は書いてます。

今回はビーズ社歴2年の転職組ITエンジニアさんコンビ、「ぽんて」さんと「みっきー」さんを招集。ビーズすぎない、でもビーズのこともちゃんとわかってる微妙なラインの本音を狙いました。

一般的な企業やSIerでITエンジニアやSEとして勤めた前職での経験にも触れています。これから目指される方、もしくは転職を考えている方に、キャリアパスや働くスタイルを考える材料として読んでいただければうれしいです。

転職しようと思った理由

いずほ:仲良しコンビのぽんてさんとみっきーさん、今日は転職理由やビーズに入社した感想など、率直な感想を聞かせてくださいね。

ではまず、転職理由を教えてもらえますか。

ぽんて:システム開発って要件定義から設計、プログラミング、運用テストという段階を踏んで行うんですね。このうち、前職ではプログラミングと運用テストのみ担当してました。SESとして顧客先で働いていたので、ほんとにそればっかり、ずーっと。それで、「このままだとITエンジニアとして将来的な成長が見込めないなぁ」って思ったのが理由です。

いずほ:お仕事、きつかったですか?

仕事が終わるのも遅かったんです。夜9時で定時やなぁって感じですね。遅いときは11時ごろまでやっていて。だから、残業時間の少なさも、転職先探しの大きなポイントでした。

いずほ:みっきーさんはどうですか?

みっきー:ぽんてさんとほぼ同じです。大手のSIerでSEとして働いていたのですが、規模が大きいとシステムも大きくて自分が何をやってるのかわからなくって。。。

システム開発ってよく建築にたとえられるんですが、大企業のそれっていくつもテナントが入っている大きな商業ビルみたいなものなんです。そして自分が担当するのがドアを作ることだけだったりするんですよ。

システムが巨大すぎて全体像がみえない。自分が何をやって、それがどんなふうに使われるのかもわからない。何年たってもドア職人・・・。時期によって残業も多かったので、転職を決意しました。

どうやって転職先を探した?ビーズに決めたワケは?

いずほ:そうだったんですね。いざ転職すると決めた後、どうやって次の仕事を探してました?

みっきー:大手の転職サイトに登録しました。

ぽんて:ぼくも一緒です。

いずほ:候補の絞り方は?

ぽんて:関西、残業20H以下、完全週休2日、大きすぎる会社はパス、かなぁ。「いろんなことをやってみたい」と考えてたので、最初から社内SEも候補に入れてました。

みっきー:絞り方はだいたい一緒です。自分の場合は「管理職じゃなくてあくまで技術職でありたい!スキルを身につけたい」と思ってたので、システムの自社開発にもこだわってました。

どういう業務をシステム化しているのかも、かなり詳細をヒアリングしてましたね。アウトソースしていたら、前の会社と同じような結果になるので。

事業の根幹にかかわる開発や会計、物流まですべてのシステムを自前で開発してて、その工程を全部自分で手がけられるから、ビーズを選びました。

実際にビーズで働いている感想


【おだやかな業務風景。可及的速やかなヘルプデスク対応、本日はなさそう♪】

いずほ:なるほど。それがビーズを選んだ決め手だったわけですね。実際に入ってみてどうですか?

ぽんて:希望通りです。今担当しているシステム開発はざくっと4件、新しい物流体制に踏み込む新規案件も入ってて、調査中です。ヘルプデスクも担当してますよ。

プログラマーさんってずっと画面に集中してる方が居心地のよい人もいるのですが、自分は「人と話すのが好き」なので、仕事は楽しいです。

だってね、前の職場はいろんな会社から来たSEで構成されていたんで一日無言、って時もあったんです。それに比べたら本当に良い!人って大事です!(いずほ:やらせではありません)

残業もほぼないので、ちゃんと定時で帰って、家族と一緒に夕飯をとれます。逆に、残業できない辛さがちょっとあります(一同苦笑)

いずほ:ビーズは超ホワイト企業でよいですね!わたしの父親なんか造船関係のサービスエンジニアだったので、船が壊れたと聞けば飛んでいってしまう。ほぼ家にいなかったし、一緒に夕食をとった覚えもほとんどないんですよー。

ぽんて:壊れたら飛んでいかなければならない環境、すごくわかります。自分は以前、工場で生産設備の管理を担当してたんで、ほんと大変でした。24時間動いている設備なので、壊れたら止まる。止まると即駆けつける。機械が止まれば、1時間1千万損するんですよ。1千万、1千万って考えながら修理するの、ハードでした。

みっきー&いずほ:大変や~。

いずほ:みっきーさんはいかがですか?実際にビーズで働いてみて。

みっきー:システム全体の流れを把握してやっているので、仕事としての満足度は高いですよ。今、メインで抱えている開発案件は、社外向けリリースを控えている案件管理システム*のプログラミングやサーバーの新調、ヘルプデスクも含むといったところですね。

案件管理システムは設計とUIができているので、やりやすいです。ただ、作ってしまってから追加要望が出るのではと心配してます。

ぽんて:わかる!家作ったのに、この柱抜いていいんかな、とかね(一同爆笑)。

いずほ:変わってよかったと?

みっきー:そうですね。個人的な考え方ですが、仕事を一生懸命やるのは当たり前。ビーズではさらにプライベートの楽しさを最大化できたのが大きいと感じてます。

いずほ:よかった~。

*案件管理システムとは、業務依頼を依頼者ならびに関係者にリアルタイムで共有し、誰がどこまで進めているのか状況をひとめで把握できるもの。

辛かった仕事ってある?


【座席移動の度に出動要請が来る配線作業。正直、辛い?】

いずほ:良いことばかり聞いててもあれなので、ビーズで辛かった仕事、どうぞー。

ぽんて:PCの大量交換です!全社員とまではいきませんが、60台くらいあったかな。もともと余裕をもってスケジュールを組んでいたのに、在宅勤務の準備で急遽交換が必要に。1日2~3台ずつ、2ヶ月で終了させました。

いずほ:前倒しだったとは。。。ほんとありがとう!

みっきー:ぼくは座席移動にともなう配線作業ですね。うちは外注しないので、自分たちで全部やります。正直、辛いときがあります。

いずほ:もし社屋移転ともなれば・・・

みっきー・ぽんて:ああぁ、それは大変です!!

まとめ

いずほ:ぽんてさん、みっきーさん、今日は色々お話を聞かせてくれて、どうもありがとうございました!今まで経験されたお仕事や仕事に対する考え方、今の状況など、ぐっと聞けて本当に良かったです。

お二人とも自分自身がシステムを設計し、作り、運用し、将来的には進化させたいと考えて社内SEさんになられたのがよく伝わってきました。

これからSEになろうとしてる方、今のままで良いのかなぁと悩んでるITエンジニアの方、ぽんてさん、みっきーさんのお話が少しでも参考になれば嬉しいです。

最後に。もし就職・転職先としてビーズに興味を持たれた方がいましたら、こちらからぜひエントリーをお願いいたします!

ITエンジニア(社内SE)