カテゴリ: 就活アドバイス
2020/08/03(月)

自己PRって何よ?SNSのつながりが当たり前世代な私たちの就活。

みなさまこんにちは。うどんです。
団塊世代だとか、ゆとり世代だとか、さとり世代だとか、Z世代だとか。
とりあえずなんでもひとくくりにしたがるのって、自分もしてるんですけどなんでしちゃうのでしょうか。

そんな風に区切ってみると、現在就活の真っ只中な方たちは、SNSを使っているのが当たり前の世代であり、友人との共感力が昔よりもさらに高いのが特徴だと言われています。ただちょっとこれ、面接のときに苦労するんじゃ?ってよく思うんです。

だってそもそもSNSでつながっていることで、スキだとかの感情に共感しながら「みんなで」行動してるのに、就活になったら「自分を紹介して」とか、「なんなんこれ、ほんまに就活って狂ってる」と思いませんか?

そのくせアピールしてください言うてるのに同じスーツで同じ化粧、同じ髪型にさせるとか、矛盾でしかないでしょほんとに。って私は思っています。(そんな私もゆとりですがなにかという世代)

なので今回は、こんな時代で就活をすることになったあなたにこそ、自己PRに何をしてほしいのか、みたいなお話をしていきます。

自己PRのしかた

まずそもそも、本当は自己PRのしかたを検索したりするのって、おかしな話だな~とも思います。

でも、そうしないと自己PRって周りがどんなんしてるかわからないし、落ちたくないし外せないって想いから余計に調べられているんですよね。
つまり、共感力が高いからこそ、他人と比べがちな世代は、この行動をしがちなんです。
ただ、自己PRって「正解」がないので調べすぎてしまうと、本当に自分をアピールできているか余計に不安になり、疲れ切ってしまっている人が続出・・・。

なので、まずは調べるのは一旦置いておいて(ってこのブログを読んでくださってる時点である程度調べられてるかもしれませんが)、伝え方の型を見つけるのよりも、自分の強みと弱みを説明できるようになるのがいいかと思います。

その説明できるようにするためには、まずは自分を知ることがいいでしょう。

自分を知るためのいい方法は、4月に入社した20卒の新卒たちが、新入社員研修で書いてくれたブログにたくさん書いてくれていたので、紹介したいと思います。

1.やりたいしごとを見つける方法


この記事を書いたギブソン自身も、学校の授業で聞いて実践し、やりたい仕事を見つけたというこの方法。
自分の性格を見つめ直すのであれば、まずは自分のやりたいことを考える時間を作るのは重要です。
好きなことや楽しかったことは強みに、手順2考えるやりたくなかった理由は弱みに、きっとつながります。

2.漫画で自分を振り返って


自分の人生にあったことを、漫画で振り返るだけで自己分析ができているかもしれません。
印象に残っているできごとを客観的に振り返ると、自分自身を冷静に見つめ直すことができます。
漫画なんて無理・・・って方でも、絵に描かずとも思い出に残っていることを4コマにまとめてみてください。

3.ゲームのキャラと自分のプレイ方法で


ゲームは好きですか?
どんなゲームが好きですか??

ゲームがスキな方であれば、スキなゲームの種類やプレイ方法に自分の性格が映し出されます。
ゲームがスキで就活にチャレンジする方は、自分のゲームスタイルを振り返ってみてください。

自分のいいところ、ダメなところをわかった上で、応募する企業のどんな部分に活かせると考えているのかは、自己PRに入れておきたい内容です。

まとめ

型にはまった自己PRは、テンプレート化されてることで扱いやすく、たしかに安心感もあるかもしれません。
しかし自分をアピールして差をつけないといけないのに、テンプレート化されてるアピールでは、あなたらしさは伝わることはなく、同じ伝え方をする量産系と思われてしまうのではないでしょうか。

量産系は、実際求められやすい型だからこそ、使い回されているともいえます。
ですが、採用を行っている側からすると、素晴らしいガクチカを知りたい訳ではなく、その素晴らしいガクチカにどのような目的を持って行っていたかの「考え方」の部分を求めているので、量産系の型にはめた言い方でなくて十分なのです。

なのでアピールに違和感を感じる、口に出してスラスラとは言いにくい、といった場合であれば、見直して自分の言葉に変えてしまうのがオススメです。
自分らしい自己アピールをしてお祈りされたとしても、別にあなたが社会から否定されているのではありません。
その企業と相性が悪かっただけです。
(それこそ企業との相性って恋愛と同じくなので、タイミングだけで落とされる場合も。)

ちなみにビーズではその人らしい自己PRを行った方が面接担当の印象に残り、うまくいくことが多い傾向があります。
アイデアを大事にしてる会社であるからこそ、型通りの面接じゃないとダメという訳でなく、その人らしさを伝えてもらえればいいと考えているからです。

なので、もし当社にご応募をしてくださる、といった方であれば、あなたらしさが伝わるアイデアのある自己PRをしてくださいね。