カテゴリ: 就活アドバイス
2020/06/25(木)

面接だけで私の人柄がわかるわけないでしょ!?と思うあなたへ

緊急事態宣言もついに全国で解除されたと思ったら、梅雨入りで湿気が憎いですね。
少しでいいから涼しく散歩したいうどんです。みなさま、こんにちは。

そういえば最近こいつブログ書いてなかったやん、って思われた方。気づいていただきありがとうございます。
これには深い事情がありまして・・・。

なんとこのたび、採用サイトがリニューアルいたしました!
ということでご興味があれば見てやってください。
見ていただければうどんはとても嬉しいです。↓

新・採用サイト

と、採用サイトの宣伝を行ったところでですが、私がブログを書けない期間、研修を兼ねて私の代わりに今年の4月に入社した新入社員たち4人ががんばってブログを書いてくれていました。

基本的な書き方しか教えてないのですが、みんなたくさん書いてくれたなと、アップロードをしながら私はしみじみとしていました。本当にありがとう。

そんな新卒のみんなは、今は他の部署の研修を受けています。
7月になれば本配属。どこに配属になるかときっと今ドキドキしてるんだろうなぁと想像すると、なんだかほほえましい気持ちになっているのは歳だからですね。

さて。
せっかく久しぶりに書くブログになるので、きっとよく会社説明会に参加してくださっている方や、面接のときに就活生が悩んでいるであろう(?)、『面接で人柄がわかるわけないでしょ問題』について少しお話したいなと思います。ぜひ最後まで見てくださいね。

面接官は人柄を見てるっていうけども

さまざまな採用サイトやエージェント、アカウント、エントリーシートの書き方や面接対策などで調べてみると、どこでもかしこでも「人柄を意識して」って書いてますよね。
でもきっとみんなこう思ってると思うんです。

「私が書く文章や面接の短い時間だけで、人柄なんてわかるわけ!?」と。

この声に対しての回答ですが、私個人としては正解でもあり、不正解でもあると思っています。

どういうこと?と思われていると思うので、説明していくのですが、ちょっとまずは逆の立場で考えてみてください。

会社説明会で気にしている情報

会社説明会や合同説明会への参加って、就活生であれば一度は経験しているって方が大半ですよね。
では、お聞きします。説明会に参加する理由ってなにですか?

「・・・え、そりゃ会社を知るため」という方は、ここで考えてみてほしいのです。
そもそも会社を知るのって、採用サイトや企業のSNS、商品やサービス、それこそ見てる人もいるのではないかと思っているのは会社の評判サイトなどなど、そういう一般的に流通している情報で知ることができますよね。

※エントリーに参加が必須という企業が本命の方、効率的に企業を知るためや、まずは目星をつけるために合同説明会へ参加する方は、さらに知りたくなったときの行動や知人で説明会に参加している方をイメージしてみてください。

けれども、それらの情報じゃ足りないため、もっと知りたいために会社説明会へ参加している方が多いというのが現実です。
そして、この足りないと思っている情報でよく言われているのが「働く社員の生の声」を知りたいというお声。

そうつまり、あなたがもっと知りたい、生の声を聞きたいと思ってくれているその気持ちこそが、「人柄」を知りたいという思う行動なのです。

面接でわかる人柄

さて、話を元に戻しますが、説明会の中で会社の人柄ってある程度伝わっていませんか?
それは説明会は開催している時間が長いから、と思った方は、質疑応答の時間だけを思い浮かべてください。
説明会ではサイトに書いていること、就活の面接で置き換えるとエントリーシートに書いていることを知らない方に対して、興味を持っていただくためにお話しているので、どうしても長くなっているのです。

なので、説明会の質問タイムだけでみなさんが感じる人柄を、面接時間の中で人事担当者は感じ取っているのです。

説明会でも面接でも、アピールのために話される内容の構成で何を大事にしているか、加えて話すテンポや準備物(資料)のクオリティなどに人柄が表れると私は感じます。

もしかすると少数の方は経験したことがあるかと思うのですが、説明会の担当者が準備不足のときって、参加している側にもバレバレですよね。
これと同じで、どれだけ想定して準備しているかは、その人の性格が出る部分であり、人柄が出る部分だと思います。
※もちろんどれだけ準備していたとしても、想定外の質問がきてアタフタすることもあります。だって人間だもの。

つまり、みなさんがどのような想定でこの面接に対して準備をしてくれたのか、アタフタされた場合はどんな対応になる方であるかという部分で、人事担当は会社と合う人柄なのかを確認させていただいております。

それこそ、緊張して噛んだのをめっちゃ気にしてるな、とか気にせず堂々としてるな、とかほんと些細な部分で人柄がわかるものなのです。
ちなみに安心してほしいのですが、噛むのなんて面接官はあんまり気にしてません。
実際に説明会に参加される方も、その会社に勤めている社員のそういう部分を見て人柄をチェックしたりされてますよね!?

ただみなさんがよく質問してこられる「入社前と後でギャップはありましたか?」のように、その時間で見たすべてがその人の「100%の人柄」だとは思っていません。
なので100%の人柄を面接担当がわかっているのかというと、そんなことはないと思っているので、「面接だけで人柄がわかるかは、わかるけどもわからない部分もある」というのが答えだと思います。

まとめ

採用サイトなどで出てくる企業情報が書類選考で伝わる人柄。
説明会で実際に話して知ることができる情報が面接で伝わる人柄。
そう思うと、人柄が面接でもなんとなくは伝わる、というのがわかっていただけたのではないでしょうか。

面接時間だけで人柄なんて伝わるわけない!そんな悲しい気持ちで挑むのではなく、ぜひ自分の人柄を短い時間でも伝えてみよう!といった明るい気持ちで面接に挑んでいただきたいなと思います。