カテゴリ: 会社紹介
2019/11/20(水)

当社の社内研修の様子をご紹介!わかりやすい説明とはなんだろう?

みなさまこんにちは。うどんです。

仕事中だけでなく、日常生活でも感じることなのですが、「伝えること」って簡単なようで難しくないですか?

意思疎通は生物として基本中の基本だと思うんですが、人間には「言葉」や「文字」があることで得意・不得意な人で分かれてしまっていると思うんです。

しかし、分かれるとはいっても、働いている中で「伝えるのが下手なんで。」なんて言い訳はできるわけがありませんよね?

とくにビーズでは、業務中にプレゼンを行わないといけない場面が比較的多めの企業なので、「伝える能力」は全社員の必須スキルでもあると言えます。

そんなビーズで先日、とある社員が外部セミナーを受講してきたため、他の社員に 「わかりやすい説明のしかた」 研修を行ってくれました。

今回はその様子を撮影してきたので、当社の社内研修ってこんな雰囲気というものをご紹介したいと思います。

社内研修の様子

今回の研修に参加したのは、全部で5人。システムエンジニアや貿易担当、Vcasセクションの社員といったさまざまな部署から集まりました。

社内研修の先生のご紹介

まずは先生を担当した社員をご紹介します。

わかりやすい説明といえばこの人!Vcasセクションで活躍中のごいごいです!

※ごいごいって誰?となった方は、こちらの記事もご覧ください。

ごいごいは元々わかりやすい説明がとても上手な社員なのですが、セミナーを受講してくれて、さらにわかりやすさ抜群!

今回の社内研修でも講師を名乗り出てくれました。

社内研修スタート

はじめに配られたのが真っ白のA4の紙。これを折りたたんで16つの枠を作ってとのこと。

参加者みんなの顔にはあきらかに「?」が浮かんでいました。

そんな「?」が浮かんでいるみんなにごいごいから一言。

「まずは16マスに分けた紙の左上に一番好きなもの、もしくは自分の名前を書いてください。」

みんなのペンの動きが止まったあと、次の指示がありました。

「では、次はその左上に書いた単語について、どういうもの・人物なのかを説明する単語を残りのマスに書き出してください。」

それを聞いたみんなの顔は「えぇ・・・」という表情。

わずかに唸り声をあげている社員もいる中、全員が書きあげたところで、この用紙を使って、左上のキーワードに対して、順番に口頭で説明をすることとなりました。

このように、一人ずつが紙を見せながら好きなものや自分を説明をする「アイスブレイク(※)」で、スタートした社内研修。

(※アイスブレイクとは、氷を溶かすという表現の通り、会議や商談などの前に場の空気を溶きほぐし、後の進行が潤滑になるようにするテクニックです。)

趣味のことを説明した社員もいれば、自分について話す社員もいて、参加していた社員同士、他の社員の知らなかった意外な一面を知ることもでき、笑いが絶えないアイスブレイクでとても楽しそうでした。

みんなの紹介がひと通り終わったところで、ごいごいからこんな一言が。

「わかりやすい説明とは、今みなさんにしてもらったように、『項目を作って説明すること』です。」

そう、つまりはアイスブレイクに見せかけて、すでに研修内容を体感してもらうためのプログラムとなっていたのです!

撮影に入っていた私も思わず感動してしまったのですが、「わかりやすい説明のしかた」を、ちょっとしたゲームのように楽しみながら体感できるだなんて、最高のアイスブレイクですよね。

もう一度コツをつかむための練習

アイスブレイクが終わったあとには、ごいごいから「わかりやすい説明」について必要となる要素をひと通り説明され、2回目の実践練習へと移りました。

次のテーマは「もしも会社説明会で、自分の仕事内容を参加者に数分間で伝えるならば、どのようにするか」。

実際に各自が配属されている部署でどういった仕事をしているかを説明するということになりました。

「あらかじめより詳しく聞きたい場合は、後でさらに質問してください」といったテクニックを使ったり、「はじめに仕事内容をまとめて述べ、あとから詳細を言う」テクニックを使ったりと、アイスブレイクで一度体感し、さらに必要となる要素を理解していたみんなは、説明が上手になっていました。

なんならテクニックを使って説明している時、いつもよりも表情も堂々として輝いていた気がします。

余談ですが、この2つ目の実践練習でも、他の社員がどのような仕事内容に従事しているのかがわかり、社員間の交流を図る時間ともなっているところが、社内研修としてとても優れてると思いませんか?

社内研修の様子まとめ

ごいごいの「わかりやすい説明のしかた」研修は、笑いあり・学びありと、参加(撮影)していてとてもタメになる時間でした。

ビーズの社員たちは学ぶ意欲が高いことで、各自でセミナーに参加したり、社内図書制度を活用して勉強をしたり、学んだことを他人に伝える=アウトプットしたりして、より各々のスキルを磨くように働いています。

このようなわかりやすい説明のしかた研修以外にも、コーディング研修やWEBで使える撮影のしかた講座やマーケティング方法、話し方テクニックなど、さまざまな社内研修も実施されておりますので、今後のビーズの成長もお楽しみに!

※他にはどんな研修を行っているの?と思った方は、会社説明会などでぜひ聞いてみてください。↓

会社説明会情報はこちら