就活手はじめ:面接でかしこまりすぎるよりも、普通にお話できる人が印象に残る

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
面接の回数も重ねてきた時期かと思いますが、かしこまりすぎてませんか?
頭の中で「◯◯でなければならない」とか「◯◯と言わなくてはならない」と思っているんだろうなぁというのが見えすぎて、面接担当者としては、あの手この手?で緊張をときほぐそうとしています。


例えば、こんなことってないですか?
コンビニやファーストフードのレジの緊張しすぎる新人さんの姿。
すごく頑張っているのは伝わってくるし、微笑ましいのですが、コミュニケーションがどこかぎこちなく感じてしまい、「緊張しなくて大丈夫だよ」と思ったこと。

つまり、かしこまりすぎる面接は、そのように見えるのです。
多少噛んだりすることも、決め台詞(?)を忘れるということは、面接担当者にとっては想定内で、大した問題ではありません。
最初から的確なコミュニケーションがとれる人なんてそうそういませんが、居たら「話しやすかったなー!」と確実に印象に残ると思います。

ぎこちなさの原因としては、自分の中で準備した回答をスムーズに一言一句間違いなく話そうとしているところ。
他に自分ルールというものがあるのか、背筋ピーン!質問の回答の度にニコー(笑顔)!というのも、面接を意識しすぎてるなぁ・・・と思います。

そこまでご本人がガチガチの状態の面接だと、受け答えの内容はいくらよくても、円滑なコミュニケーションがとれたとはいいがく、面接する側は「本来の姿を引き出せなかった…」と不完全燃焼。

当社は、業務をする上でコミュニケーション能力は重要だと考えております。
緊張はもちろんあるかと思いますが、自分がいかに上手に話せるかよりも、相手との会話を楽しむキャッチボールがしっかりできる方に魅力を感じます。

試しに、今日、誰かと話した内容を思い返してみてください。
聞くことと話すことの割合、自分がした話が相手に伝わっていたか、会話を楽しんでくれた、楽しめたでしょうか。

自分ばっかり話をしているようであれば、傾聴することや質問してみることを
逆に聞くばかりなら、自分から話をしてみることにトライしてみてください。