WEBデザイナーの仕事ってこんなことしてます、ほんの一部をご紹介。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
WEBデザイナーがいる会社ですが、会社ごとによってWEBデザイナーの業務内容も異なります。コーダー、WEBデザイナー、ディレクター等厳密に分けている会社もありますが、ビーズの場合は全部ひっくるめてWEBデザイナーのお仕事です。

基本、所属部署が担当しているブランドのブランドサイトの構築や製品ページの制作がメインとなります。

当社の製品はインターネットショップ様を中心に展開していることから、ウェブページ上で雰囲気やサイズ感、設営の仕方等について「より良く、わかりやすく伝える」ことが重要です。

その為、実際に製品を使ってみたり、設営の仕方や製品によっては片付け方等の動画を撮影したり、ウェブページ上で欲しくなるようなコンテンツを作ったりと業務内容は幅広いのですが、自分のアイデアをカタチにしていってる実感があります。

特に、製品ページやコンテンツは、製品のユニークさもあり時に想像を超える反響をいただくことがあります(※恥ずかしながら、想像を上回るアクセス数で過去、サーバーがダウンしたことが数回あります)。

実際に働いている様子としては、このような感じです。
今日は社内の撮影スペースで、商品を撮影しています。
商品全体も当然撮影いたしますが、ユーザーの方に見ていただきたい細かな点も撮影漏れがにないようにしなければなりません。

定期的に製品ページに載せられる画像が、ブレはないか等確認しています。

他、事前に作成した撮影する項目や見せたい構図になっているかチェック。

時に、撮影中に笑みが溢れることも(撮影が順調であることの表れですね)。

出来上がった画像をもとに、製品ページをどんどん進めていき、新商品発売前までに完成を迎えます。新製品がラッシュする時期には、かなりのボリュームになりそうですが、どの時期に何の商品が入荷するという情報は商品企画担当者から共有されいており、優先順位を判断しながら計画的に業務に取組んでいます。

ビーズのブランドサイトは、WEBデザイナーなくして成立しません。
「このページ面白いなぁ!」となれば、同時にWEBデザイナーの遊びココロと技術と努力で出来上がっているんだろうなぁと思っていただけると幸いです。

※紹介した撮影する、コーディングする以外にもSNSの運用やブランドサイト等の分析、SEO対策等も担っております。