安心の育休ライフを。育児休業(男女とも)、実績あります。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
実は私、人事以外にも色んな(?)仕事をしております。その一つが労務業務。
社会保険、健康診断、安全衛生委員会に法改正対応等が労務業務になるのですが、この数年連続して対応しているのが、タイトルにもある育児休業。

育児休業というのは、子供が1歳に達するまでは休業することができる制度です(事業があれば1歳6カ月まで延長可)。
詳しいことを知りたい方は下記からどうぞ。
厚生労働省:育児・介護休業法について

説明会の中で、時折「育児休業の実績はありますか」と質問いただくことがあります。
法で認められていても、実際に実績がある会社とない会社では不安ですよね。
なので人事ブログでもご紹介(回答)します。

もちろん育児休業実績、あります!

実績としては、社員数の7%程度の実績。これは多いのかは不明ですが、平均年齢が32歳前後のビー部なので、今後も増えてくるのではと予想しています。
なお、2017年3月31日時点で、2名の育児休業中の社員がおり、そのうちの1名は夏までに復職する予定。もう1名は来年の春くらいまでは、子育てになるかと思います。

さて、この制度は、入社してもらったからには長く腕を奮ってほしいと、対象者の育児休業申出に応えています。
他、妊娠中の間、働く上で気遣ってほしいこと等ヒアリングする面談の場や出産前、出産後等に必要な書類やその書き方等、子育てで忙しくなる前でしっかりとお伝えする等、かなり力(?)を入れています。

育児休業期間中のフォローとしては、月1~2回くらいのペースで、ビーズの近況等をメルマガ配信し、浦島太郎状態になることを避けています。
それでも、「新しい人が入りました!」「最近、こんなサークルやってるんです」「システム改修をしました、改修点は◯◯です」という内容には、「どんどん変わってるんですね~(汗)」といった返信もありますが、復職してきた社員の様子を見る限り、1~2週間ほどで職場に適応しています。

また、育児休業者からも「ビッグベビーです」「名前が決まりました!」「初節句をむかえました~」等、お子様の画像を添付してお知らせいただくこともあり、その度に赤ちゃんを育てている社員がいるっていいなぁ!と実感します。

育児休業中や復帰後の業務をカバーするためにも、システム課はじめ各社員が効率化、システム化に挑戦しており、今後も対象者からの申出には「安心して育児して」と言える環境や制度を構築していきたいと考えています。