各部署の週報が楽しみすぎる。各部署、読ませるアイデアいっぱいの手法。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
今日は金曜!社会人になってから、休み前の「金曜日」はなんとなくワクワクします。仕事が終わったら何しよう~、土日どうしよう~と考えるのが幸せです。


さて、そんな浮足立ちそうな金曜日ですが、仕事では一週間を振り返る日でもあります。
各人が一週間何をしたか報告し、各課がそれをまとめて全社にメール配信で情報共有をしていますが、これが各課ともに数字ばっかりだったり、お堅い内容だけだったら?
読んでいて頭に入りにくいし、興味も惹かれないしと、配信するだけで読んでくれない(情報共有されない)可能性大ですよね。

なので、各課ともにまずは読んでもらいたいと、工夫をしているようです。
例えば、DOPPELGANGERを担当する商品企画1課では、
水面下の情報(今後のおもしろネタ等)、「今週のツイート」で光ったツイート等をお知らせ。
1課の各チームの行動を偏差値に置き換えて公開していたりと、難しい数値情報を、切り口を変えることで感覚的に「頑張ってる」が伝わってくるアレンジをしています。
ツイート配信の考察や数字のわかりやすさから新たな気付きを得ることがあります。

次に、DODを担当する商品企画2課は、
メールの件名に毎週のトピックスを加え、目を引きます。
過去にあったのは「「秘密のグリルチャンの動画は必見です。」「今週の4大ニュース」等。一週間の動きの中で共有したいことが伝わってきます。
中身は、WEB/DTPの公開前情報あり、おすすめ書籍や2課メンバーのコメント等、読んでいてクスッとなることが多く、配信を楽しみにしている社員もいます。
ちなみに、今週の週報に記載されていたおすすめ書籍は「ぷしゅ よなよなエールがお世話になります: くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話」でした。
※ご興味のある方は、どうぞ。

BIBI LABやUNIHABITAT、Bauhutteを担当する商品企画3課は、
担当しているブランドと違い(?)、シンプルにグラフを活用しています。グラフは複数の切口で作成されており、うち一つは売れている製品20位のうち新製品がどの順位か一目でわかります。それを見る度にコンテンツマーケティングを着実にモノにしつつあるなぁと感じます。
商品のイメージからめちゃめちゃな集団と勘違いされているのですが、実はマーケティングに長けた頭脳集団です。

商品企画課以外に闇で読まれているのは、システム課。
今週のコラム、プロジェクト情報、独り言の三部構成ですが、特に人気はコラムです。
これまでには、「Google Mapで位置情報の共有」や「eSIM」「Webブラウザのセキュリティ(https)の一部が危険に」といった本気で為になる情報を配信。
ごくまれに、システムカルトクイズが出題されるのですが、景品目当てで(していいのか分かりませんが、社員同士でチームを組んで)回答しています。
※カルトクイズをすることで内製化した社内システム理解が深められます。

見てください、下の魅力的な景品…!


特に、業務依頼超特急対応チケット。システムに関するアイデアが下りてきた時には、絶対欲しいアイテムです。
ただ全問回答できた社員は未だ0人…。
どんだけ難しいねんっ!と言いたくなります。

なお、私は、今週から語学力向上を目的に英語で週報配信をはじめてみました。
スキルアップにもなりそうで、一石二鳥です。
いつかこの人事ブログも英語で配信できたら…と夢見ています。