就活手はじめ:メラビアンの法則を応用し、面接でさらに印象づける

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。

メラビアンの法則って知っていますか?

人の印象は出会って、3~5秒で決まると言われています。
それを決定づけるのは、
・視覚情報(身だしなみ、表情、身のこなし)が55%
・聴覚情報(挨拶、声のトーン)が38%、
・その他(話の内容)が7%
とされているのがメラビアンの法則です。

そうなると第一印象は最初の挨拶で決まることとなりますね(怖い)。
もちろん面接の場では見た目以上に、この7%(話の内容)に最も注視し、選考を行っていますが、この視覚情報をなんとか面接時に取り入れられないのかと考えてみました。

というのも、私自身「見られている…!」と思うと、緊張から笑いがこみ上げてくる癖があります。面接なら特にそう感じることでしょう。
そうした時に上手く対応するためにと考えていた時、自分以外の何かに注目させたらいいんじゃないかと思いつきました。

私の場合、
例えば、(説明会での)レジュメや自社製品。
例えば、プレゼン資料。
といった具合です。

こうした自分以外の視覚のクッションがあると、見られている感よりも相手がどこを見てくれているかに意識が働き、相手の表情によって話のスピードやネタを変えてみたりと気持ちに余裕が持てるようになり、笑い癖もここ数年は見られないようになりました。

私と同じような緊張をしてしまう方や、視覚情報最大限に活かそうとお考えの方には、ポートフォリオやグラフ、資料等を作成し、相手の視覚に訴えてみるというのも一つの手ではと思います。

こうした視覚情報は選考でも重要な要素のようで「第一印象から想像できないポートフォリオだった」「プレゼン資料を見て、高いスキルを持っていることがわかった」と、採用に至った社員もいます。

「視覚情報」を活用し徹底的に見える化してアピールする、というのも面接時の一つの手かもしれませんね。