先輩社員情報:にゃんガルーパーカーの生みの親は、若手社員だった。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。

どんな人が働いてるんだろうと気になる人もいらっしゃるかと思い、今日はにゃんガルーパーカーを産み落とした社員をご紹介します。


商品企画3課(Bauhutte、UNIHABITAT、BIBI LAB等担当)のY君。

これが私の仕事
商品企画3課で新商品の企画開発をしています。入社前は「よいものを作って売ればよい」と単純に考えていました。しかし、一つの商品を企画するのにも、他社製品との価格競争力はあるか、自社製品のシェアを減らしてしまわないか、法的な制約はないか、など様々な要素を考える必要があり、商品企画の難しさと楽しさを実感しています。

新卒でも大企業と対等に商談!
OJT研修後は、営業を担当していて、新規販路の開拓を行っていました。
ビーズの営業スタイルはこちらからお願いして買ってもらうプッシュ型の営業ではなく、ブランドや製品そのものの力をもとに、いかにメディアなどを通して伝えるかと いう点に力を入れています。
販路開拓では、ずっと目をつけていた販売先があり、製品に新たなストーリーをつけて提案を行い、先方と取引のやり取りを進める ことができました。契約には至りませんでしたが、たくさんの経験を積む事ができ、現在の開発業務にも活かしています。

これまでのキャリア
2013年4月入社。基礎研修、全部署のOJT研修を経て、商品企画部 商品企画2課にてアウドドア用品の開発を担当。現在は、商品企画3課へ異動、新商品の開発兼国内営業を担当しています。
3課配属後、サーバーをダウンさせたほどの人気商品となった、にゃんガルーパーカー。この経験とこれからの企画業務に活かし、さらにオモシロイものをつくっていきたいと思います。

先輩からの就職活動アドバイス!
たくさんの先輩や社会人の方に話を聞いて「自分は何を大切にしてる か」をよく考えるといいと思います。
「好きな事を仕事にしたい」「家族との時間を大切にしたい」「お金がたくさん欲しい」等、人によって様々で、その上それが実現できるかは入社してみないと分かりません。
就活は長い人生の一つのターニングポイントになることに変わりないので、たくさんの人の話を聞きながら自分が何をしたいかを考え、ベストを尽くすと後悔のない就職活動ができると思います。