就活手はじめ:知ってて損はない会社の見方

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。

今日は就活されている人に絶対の絶対に覚えていてほしい「いい会社の見つけ方」の中から、自己資本比率についてご紹介します。だって、晴れて入社した会社が、実は危機なのかも!?って、想像するだけで怖いですよね。

自己資本比率・・・?なんだそれ
となる人も多いかと思います。それはそう。だって自己資本比率なんて、学校で習わないだろうし、公開している企業は上場している企業という中で、どうやって知ることができるのか。
実は、私自身「…うーん」となってますが…ただ、見方を知っているというだけでも違いますので、思い切って(?)お知らせします。

まずは、自己資本比率って?
簡単にいうと、自己資本比率が高いほど倒産しにくいというものです。
自己資本比率については決算書.comで詳細なことが記載されていますので是非チェックしていただきたいのですが、「自己資本比率が40%をこえると会社はつぶれない」とありました。70%越えで理想企業という評価だそうです。

どこで自己資本比率が見れる?
見たい企業の有価証券報告書から読み取る(計算)ことになります。
上場企業であれば、有価証券報告書がUPされていますので、そこから計算しましょう。計算が面倒かもしれませんが、知られざる優良企業を見つけるチャンスかもしれませんよ。

計算方法は、
自己資本比率(%)=自己資本(資本金、資本剰余金、利益剰余金)÷総資本(貸借対照表の合計欄)×100
と以外と簡単に算出できます。

上場企業以外では有価証券等公開する必要がないので、探すのが困難です(ほぼ不可かもしれない)。が、上場もしていないのに公開している企業ならば、それは自己資本比率によほど自信のある優良企業なのだと思われます。

ビーズの自己資本比率は?
これが書きたかっただけだろ!と言われそうですが、当社の自己資本は80%を越えています。
そう、つまり理想企業なのであります。