【第7回】会社案内製作ロールプレイング研修(プレゼン編)

Posted by

(注*2016年4月に別ブログで公開した記事を再掲載したものです。)

こんにちは、ダディーです。
前回 第6回 会社案内製作ロールプレイング研修(製作編)で会社案内資料を作った私たちは
いよいよ期日に迫るコンペに向けて、それぞれ発表資料を用意していきます。

プレゼンのお相手は役員の方々や先輩社員です(もちろんお客様役!)。
お客様の待つ部屋に一人ずつ案内されて、プレゼン資料を開き緊張でガチガチになりながらも
プレゼンをしました。

学生の頃にしたプレゼンテーションとはまたひとつ違うものを感じました。
私が学生の頃にしたプレゼンは「○○をしました。その○○は▲▲という方法で行っています」のようなどちらかというと報告会みたいなもの。
コンペで行うプレゼンは上記も勿論ですが、
どこにお客様の要望をどうやって盛り込んだのかしっかりアピールする必要があります。
新卒採用で言うと、「自分の長所は御社の○○に活かすことが出来ます!」というアピールと同じですね。すごく大事です。

スライドを作って発表の準備!
あまり時間がなかったので、簡潔にスライドは用意しました。

プレゼンの後、お客様役になっていただいた役員の方々と先輩社員から沢山のアドバイスを
いただきました。

まずは資料を作る為に必要な「情報」ですね。
ここでのポイントは、
●ターゲット:目的をしっかり把握する
→この会社と取引する理由が何なのかをしっかり逆算していくことが大事です。

私は販売店向けの資料と伺っていたので、「会社の概要」や「自社で行っている販売方式」を
メインに記しました。しかし、販売店・バイヤーが興味を持っているものはやはり商品なので、商品をアピールするという目的が見えてきます。
なので、商品を前面にアピールするために、ビーズが持っている「ブランド」をメインに記すと効果的ですね。

そして資料を作る為に必要な「見せ方」です。
このポイントは
●アピールしたいところは大きく
●見せたいところは始めのページに設定する

先程も記しましたが、バイヤーが見たいと思っているものは商品なので、そこをアピールすると効果的です。なので、商品を紹介するために最適な「ブランド」の項目は大きく、そしてはじめのページに置くと見てもらいやすくなり効果UPですね。

と、他にもたくさんのアドバイスを頂きました。

思えば常に緊張しっぱなしだった研修でした。
この研修を通して、自分が今後伸ばすべきスキルや会社で一つのプロジェクトを成し遂げるために
やることとやらなければいけない事を沢山知りました。また、会社について詳しく知る事ができて為になる研修でした。ということで、以上「会社案内製作ロールプレイング研修」これにて終幕です!

いよいよ次なる研修を紹介しちゃいます。
おたのしみにっ