【第2回】 ビーズの研修は、わりとアクティブ!?

Posted by

(注*2016年4月に別ブログで公開した記事を再掲載したものです。)

ああっ!大事な自転車をばらばらに! …なんて思うかもしれませんが、
実は 検品の研修をしております。

検品の研修では、ちゃんと組み立てができるかどうか、異音や傷、汚れがないかどうかなど、
チェックしていきます。

私たち2人とも自転車を組み立てたり分解したりすることは初めてで、
不安も多かったのですが先輩社員が部品の説明から組み立てのイロハをていねいに
教えてくださったおかげで、きれいに組み立てることができました!
初めての自転車検品、組み立てからチェックまでバッチリです。

この写真に写っているのは、DOPPELGANGER製品の中でも
私のお気に入りであるD-40 TARANISです。
フレームの感じがとってもオシャレなのです…!色もかわいい…!

実はこの検品作業、単にチェックするだけではなく、チェックして出てきた問題点を集めて、
より良い製品作りに活かすという目的があるのです。
そのため、大事な業務の一つである検品作業を行う私たちの手は
いつもより気合が入っておりました…!