てるこ、ブログ卒業するってよ

Posted by
Pocket

こんにちは!
新卒のてるこです。

タイトルの通り、今回で人事ブログ書くのを一旦おしまいにしようかなと思います。
というのも、入社から3週間の総務課研修、その後6月末までのサポート課研修がいよいよ終わりに近づき、来月からは待ちに待った本配属先でのお仕事が始まるからです。
つまり「研修」という研修が終わっちゃうのです。

そんな最終回は私たち2019年度新卒のサポート課での研修についてお伝えします。


<長い脚を折りたたんで先輩の話を聞くFJとその奥で黙々とお仕事中のモツ鍋>

まず、サポート課とは、、
「このテントは何人用?」
「デスクの組み立て方が分からない!」
そんなお客様をお助けするのがサポート課のお仕事です。

ビーズの製品の使用あるいは購入にあたっての疑問や困りごとをお客様との電話やメールのやりとりで解決していきます。

約2ヶ月間のサポート課研修では、ほんとにてんこ盛りにいろんなことを学んだのですが、ここでは特に印象に残っているエピソードを3つ紹介します。

1.はじめての受電

はじめての電話、めーっちゃ緊張しました。

学生時代のアルバイトでお客様からの電話には慣れているつもりだったのですが、いざ出てみると、言わなきゃいけないこと聞かなきゃいけないこと見事に全部すっ飛びました。

なんとかお伺いした「折りたたみ自転車の収納法が分からない」というお問い合わせ内容についても、私も分からない→分からないときに何て言えばいいのか分からない→パニック、という状況で、納得のいく対応ができませんでした。

結局は一旦電話を切った後、先輩と一緒に実物を確認し、お客様に解決法をお伝えできました。

しかし、最初の電話でうまく喋れなかったことがすごく悔しかったので、「誰よりも電話に出て、電話対応うまくなろう!」とそのとき強く思いました。

また、バイトでは分からないことがあれば「上の者に代わります」と社員さんを呼んでいたけど、今では自分がその社員さんな訳で、プロとしてお客様と接しなければならないという大きな責任感も感じました。

2.関西弁パワー

電話対応にすこーし慣れてきたころ、「バイクガレージの組み立て方が分からない」というお問い合わせをいただきました。

お客様は「もうちょいで完成なんやけどどないしよ〜」と困っているのですが、手元の資料や私の持ち合わせの知識だけでは解決できず、とりあえずどんな状況なのかを詳しくお伺いしました。

社内確認のために一旦電話を切ったのですが、その1分後「さっきのいけたわ〜!」とお客様から連絡がありました。

聞いてみると、使う部品を間違えていたそうで、「てるこさんと話してたらなんか落ち着けてね、よお説明書見たらちゃうの使ってたわ〜。ありがとうなあ。」と言っていただけました。

後から先輩に聞くと、私もお客様につられてかなり関西弁の電話対応になっていたそうで、そんなこてこての関西人同士だからこそ話していて落ち着いてもらえたのかなあ、なんて思ったり、、

有力な助言は何もできなくて申し訳なかったのですが、そんな私でもお客様の力になれて、喜んでもらえてとっても嬉しかったです。


<検品姿が様になりすぎているよしお>

3.先輩大リスペクト

研修スタート時、お客様からお問い合わせをいただくものの、どう対応したらいいのかさっぱり分からなくて、一人では全く身動きがとれませんでした。
なので、使用するシステムの使い方、宅配伝票の作り方、送信するメールの内容など、なにかするごとに逐一先輩社員に質問や確認をしながら仕事を進めました。
これだけ聞いたら「まあ研修ってそんなもんじゃね?」と思われるかもですが、ここには深〜〜い背景があるのです、、!

私たちがOJTを始めたGW明け、サポート課は10連休の間にいただいたものすごい数のお問い合わせの対応に追われていました。
ビーズに長く在籍している先輩でも見たこと聞いたことのないような数です。
そのうちの何件かを新卒が担当するのですが、先輩方はその数倍の件数を受け持ちます。
さらに、先輩方が担当するお問い合わせ内容は、私たちよりずーっと複雑です。
そのような状況で、右も左も分からない新卒がマシンガンのように先輩に質問を投げかけるのです。私たちも必死でしたが、先輩も自分の仕事をこなしながら私たちの面倒を見るのは相当ハードだったと思います。

しかし、先輩方は私たちの質問に対して、ただ答えるだけでなく、なぜそうなるのか、何のためにそうするのか、といった理屈から丁寧に教えてくださったり、自分自身で考える時間を与えてくれました。
先輩が自分でやった方が早いだろうし、任せるにしても、正解だけを伝えるようなもっと楽な指導法もあったはずです。
でもそんな先輩方のお陰で、1ヶ月後には新卒の私たちが自分一人で解決できる問題が圧倒的に増えました。
自信を持ってお客様対応ができるようになりました。
なので、私たちの成長のために、手間や時間を惜しまずに懇切丁寧にご指導くださった先輩方には、ほんとに感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。


<5月中途入社のまいまいさんの歓迎会>

サポート研修では、自分のポンコツさに何度も頭を悩ませましたが、乗り越えられたのは頼もしい先輩方と愉快な同期たちのお陰です。

そんなサポート課での研修も、もう今日で終わり、、
めーっちゃめちゃ寂しいです。

しかし、これまでの研修で身につけた会社や商品についての知識、仕事への取り組み方、お客様との接し方などを7月からの本配属先でもしっかり活かしていきたいと思います!

ではでは、またリカさんがお伝えくださるであろう本配属先での新卒ズのようすを楽しみにしていてください\( ˆˆ )/

ありがとうございました、てるこでした。