就活・転職を考えている方へ。質問はどんどんしてください。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
通年採用をしている企業も20卒の方を対象にした説明会がチラホラと出てくるようになりました。
当社も一年を通じて採用活動をしているので、説明会に20卒の方の参加が増えていることを体感しています。

昨今、採用の早期化とも言われていますが、それ以上に「早く社会で活躍したい」「就職先を早く見つけ、それに向けて色々備えておきたい」といった学生の熱い思いを感じます。

職場見学を実施しても「もう一度、◯◯のフロアを見ておきたい」「◯◯の業務では自宅から自分の機材を持ち込んでもいいのか」「入社したら新しいビジネス(サービス)を立ち上げたいと思っているが、既存ブランドを活用することは可能か」等の発言から、夢が爆誕しまくっている様子。

説明会後の質疑応答でも「自分に相応しい企業かどうか」「自分が活躍できる先かどうか」が軸にあるので、質問の量がある+難易度が高いものばかり。
こちらの方が試されているなぁと感じます。おかげで、説明会後は質問内容から今の制度や選考方法について考える時間が多くなりました。

ですが、それでいいというか、それが正しいと思います。
自分が働く先なんですから、厳しい目で見て、真剣に考えてほしいのです。
質問もどんどんしてください。そうして、必要な情報を積極的にとっていってください。
納得した先じゃないとエントリーしたくないなら特に、です。
それで人事担当者に嫌われたら…なんて考えは不要です。どちらかというと歓迎されると思いますよ。少なくとも私はそうです。

自分の可能性や夢を大きく持ち、実現していく会社を見定めましょう。
やりたいことが出来る(かもしれない)先だったら、働くことが絶対に楽しいものになります。

ちなみに…楽しい仕事というものは存在しません。
当社のことを見て「楽しそう」といった理由でエントリーする方がいますが、実際に楽しい仕事になるかどうかは自分次第です。働く社員を見て「楽しそう」と思ったのなら、自身でも同じように楽しく仕事ができるかどうか考えてみてください。

どのような仕事も決して楽ではありません。一見華やかでも、裏では企画の産みの苦しみがあるだろうし、莫大な情報の中から必要で使えるものを抽出したり、社員も誰もが未経験な業務を遂行する勇気が必要になったり、実際のところ、苦しいことの方が多いのかもしれません。
仕事を楽しくするには、自分が成長し続ける必要があります。

社員等への質問を通じて苦労話を聞いたとしてもいいと思えたならば、是非エントリーしてみてください。そう思える会社は、そんなに多くないはずです。
就活、転職を考えられている方にとって、いい会社・いい仕事にめぐり会える冬となりますように。

(少し早いですが)メリー・クリスマス!