突然ですが、働いている理由って何ですか?と聞かれたら。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
突然ですが、仕事に求めるもの、働く理由ってなんですか?
働きやすさ?人間関係の良さ?面白さ?研修制度があること?その他でしょうか?

というのは、この半年間の採用活動で会社や仕事に求めるものが「ゆるく」なっているような気がしました。
例えば、残業はしたくない。自分の時間を持ちたい。
例えば、面白そうな会社だと思ったから。
例えば、働いている人の雰囲気が良さそうだったから。

こうした感想はいけないわけじゃないですが、急激な売上に対応しようと残業することもあるだろうし、面白さも主観ですので自分に合っているかは働くまで分からず、この人と一緒に働きたいと思っていたのに入社したら退職していた等、簡単に変化するものです。そのため「ゆるさ」を求めて就職先を判断するのは危険です。

そして働く先に求めるこうした緩さは、一体どこからくるのだろうかと考えたところ、仕事と自分自身を切り分けていることから生まれたのではないか、と推察しました。

仕事、会社は、自分の生活基盤を支えるものであって、仕事のための人生(自分)じゃないという考え方をされる方もいらっしゃるかと思います。
仕事後の自分が本当の自分のやりたいことであって、仕事していること=拘束時間(あくまでも労働の提供)というスタンス。
となると仕事って、その人にとっては、クソ面倒なものになるんですよね。

話は変わりますが、ティール組織ってご存知でしょうか。

多くの民間企業が採用しているマネジメント・組織を達成型組織と定義するならば、ティール組織は組織の存在目的の下に集った人で構成された自立進化型組織と言えます。
達成型組織も目的はありますが、基本的にピラミッド構造であり、目的を達成するための力は「達成されないと生き残れない」という恐怖であったり、「(上司から)評価されるためによく見せたい」という生存本能に働きかけるものが多く、会社での姿と本来の姿を使い分けすることが見られました。
そうなると、自分の100%のパワーのうち、評価や毎年変わる目的達成のために発揮できるパワーはどれくらいでしょうか。納得できる目標や評価であれば力を発揮できるかもしれませんが、そうでない場合、なかなか辛い現実になるのではないでしょうか。
その人の能力が活かされず、会社(組織)にもっても本人にとっても大損失だと思います。

一方、ティール型は、組織の存在目的の下、それに共感した人が集合するフラットな組織です。
ヒエラルキー(上司)は存在せず、同じ志を持つ運営可能な人数で構成されたグループの中で、組織の存在目的の達成に向け活動(業務)します。
活動の中でアイデアや問題があれば、グループ内で自由に発言し、それをメンバーが助言。
そのアイデア等に対し実験を行い、結果をシェアします。
結果が悪ければ、グループ内で助言もするし、それでも難しい場合は、経験豊富なアドバイザーに助言を求めたり、実験を停止することも皆で合意をとりながら決断していきます。逆に良い場合は、自分以外の人でも実行する善循環へと繋げます。
———-
〈助言がベースにある事業拡大のプロセス〉
アイデア(助言)実験(助言)シェア(助言)実験(助言)→ 続く
↳    停滞    ↲
———-
こうしたプロセスの中で、多くの人と交流し、組織の存在目的の達成や向上、拡大を図ろうとしているのが特徴的なティール(進化型)組織です。
目的に共感した人の集合だから、基本的に自主経営が可能だろうという考えのもと、不正がないことやモチベートは目的そのものという理想的な組織であることから、完全導入している企業は見かけることはありませんが、一部で取り入れてやろうとする動きを感じます。

取り入れたい理由としては、とてもシンプルなもの。
ティール組織の方が、課題に気づいたり、解決するスピードがどの組織よりも高く、生産性があがると言われているからです。
そうなると求められることは、
1.存在目的に共感し、進化する組織の中で自分のアイデアを発言すること
2.そして、仲間にいい助言が出せるよう、自分自身が成長しようという姿勢
なんじゃないかと。

時に意見交換でコンフリクト(衝突)することもあるかもしれませんが、それを恐れていてはなりません。問題をうむやまにしたり、問題がないことが問題だと気づける感度が必要です。よって、組織の存在目的のために議論しあえるのは、最高の職場だと今一度認識しておきたいところです。

さて、最初にあった「ゆるさ」についてですが、とんでもないブラック企業があったり、働く人々を見てこられた中で「がむしゃらに働きたくない」となっても仕方ありません。
ゆるく働きたいという気持ちも分かるような気がします。
ですが、その緩さは社会情勢に伴って激変することもあることから、自分の軸を持ち、何のために働くのかを明確にしておくことが重要です。
それがあれば、自分の頭で考えて、自分の足で動けるんじゃないかと。
そして、それが組織や自身を進化させ、働くことが自分に誇りを持ち、人生をより豊かにするのではないかと思えてなりません。

さて、最後に質問です。
「その会社で働いている理由って何ですか?」
と聞かれたら、みなさんは何とお答えになりますか。



その答えが会社や組織の目的と沿っていたら、その人にとって良質な環境だと言えるのではないでしょうか。

私?
私はビーズを最高の会社にしたい、最強の組織は何かを追い求めて今の仕事をしています。
この思いは、会社の企業理念や指針にギリギリセーフ?でマッチしていました(若干、飛び出ているかも…汗)。
目的を達成するには、生み出す苦しみもありますし、思うようにいかないことがほとんどです。
知識不足、経験のなさ、成長したいと日々渇望します。
が、不思議とそうした思いが枯渇せず今でも学び働き続けられているのは、ここに働く理由があるからだと思っています。

—-
■会社説明会■
2019卒の方を対象に会社説明会を毎月開催しております。
当社での働き方にご興味をお持ちの方は、ぜひ、ご参加ください。
http://www.be-s.co.jp/recruitment/schedule