いい先輩の見分け方。後輩の成長が楽しみと言えること、仲間として迎え入れること。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
ここ最近のブログの連投で気付かされたことがたくさんあります。一番気づいたのは「ビーズ社員、めっちゃブログみてるやん…」ということで、次に気づいたのは「いい先輩がいる職場環境最高っ…!」ということ。一瞬、涙出るかもと思ったくらいです。
というのは、先日、伝説?の新入社員「やしき」の記事を公開した直後。

ホリデーから「やしきさんのブログの話いいですねっ!今毎日がんばってるからじーんときましたw」(原文のまま)とチャットが。


(ホリデーです)

ホリデーの隣の隣の席で頑張るやしきの姿を見ていて「頑張ってるなぁ!」となっていたからこそ、この記事を見て、いろんなことを思い出してじーんとなったんでしょうね。


(よ!やしき、頑張ってるもんね!)

後輩の頑張りを自部門以外の私に「頼りにしてます」と教えてくれたり、成長過程を優しく見守ったりと、クールでワイルドな見た目からは想像できないwとか思ってごめんなさい。
※このブログもきっと読まれるのでしょうが、本音で自社紹介をしてこその人事ブログ。

ホリデーは入社ほやほやの新入社員だった頃、入社二年目の先輩と2人で立ち上がったばかりの海外事業部を切り盛りしていたタフガール。海外の代理店との商談や展示会への参加といった海外営業に輸出手配等の貿易にと精神的にも大変な業務にもかかわらず、どこ吹く風。海外出張最終日が終われば、「帰国せず、このまま海外旅行に行ってきますー」と先輩とともに英気を養いにフィリピン(だったかな?)に行ったりと、先輩社員たちは結構ド肝ぬかされていました。


(語学堪能なタフガールなんです)

現在、ホリデーはDOD部門で貿易と開発業務を担当。
また年々増える後輩を受け入れ育成する側となっていますが、ここではこれまでの行動力を発揮していた一面とは違ってかなりソフト。そっと後輩と先輩との交流が深まるような会話の橋渡し役をしてくれています。

例えば「お昼何なん?」とか「ねぇ、これどう思う?」とか。他愛もないように感じられるかもしれません。
が、何も知らない新入社員からすると、ワイワイしている先輩たちの輪の中には入りづらい。なので、こうして声を掛けてもらえるのはすごく助かるというか、有り難いことだったりするものです。

会議、DODメンバーでの飲み会、女子会と多くのシーンで、後輩が自然なカタチで話題に入ってこれるような配慮、業務においては「こいつ、出来るなっ!」となれば思い切って仕事を任せたり(フォロー付)。後輩が組織の中で成長できるよう、場の創出をうまくされており、ホリデーは気配りの人だなぁと年々深く感じるようになりました。

後輩をもつと気が引き締まりますし、いい先輩になりたい!と強く思うことでしょう。
ただ、それの気持ちを継続できるかどうかは、その人次第です。

後輩がすくすく育つ、居心地のよい職場環境をつくってあげたい。
後輩の成長にワクワクし、共に刺激を受けあいたい。
後輩を自分以上の人財にと、自分の経験やスキルに出し惜しみしない。
そうしたホリデーのこれまでの行動を見ていくと、常にそうした気持ちを持って対応しており、とてつもなくいい先輩だなぁ!と感じます。

ホリデーの後輩は、やしき以外にもたくさん。
ここからどんないい先輩社員が輩出されるかなぁと楽しみで仕方ありません。


(ホリデーの愛する後輩たち)

さて、ビーズ株式会社では定期採用、キャリア採用しております。
ビーズで働くことに興味のある方、いい先輩と働きたい方、是非、採用サイトをチェックしてください。