朝の無駄?話でビーズの効率性を再確認。いい匂い計測器のアイデアと手書きのエントリーシートの無駄さについて

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
DODで企画を担当しているTsubasaさんは、何故か毎朝、各フロアに挨拶しにやってきてくれます。

その時に、ブレスト的に少ーし話をするのですが、先日は「もう少ししたら大学での合同説明会に参画するんだけど、大学によって匂いが全然違う」ということから、いい匂い計測器とかがあって、それでいい匂い大学選手権とかあったら面白いね(本当?)ということなんぞ話していました。
まさしく無駄話なんですけれども、この時間の中で突然の閃きがあったりと朝の一発目の無駄話ブレストは、その日のアイデア量を左右するような気もしていて、これをうまく継続・研修に活用とかできたら面白いかもしれないなぁと思うようになりました。

これまでにTsubasaさんとブレストした内容は、以下の通り
・大学によって匂いが違う。特に女子大学はなぜかとてもいい匂い
・いい匂いの成分は高級脂肪酸と安息香酸エストラジオールらしい(でも1g:8,000円と高額…)
・別部署が作成した会社説明資料の謎さとわかりやすさ
・学生が今何を求めているのか
・今後開催される合同説明会でのOBのトークテーマ(切り口)について
・就活でクソ面倒な資料作りあるある

テーマを決めて話をするというよりも、「あ、そうそう。◯◯についてなんだけど、◇◇とかなったらいいなぁなんて。Tsubasaさんどう思います?」と顔を見て思い浮かぶ質問を素直にぶつけています。


※Tsubasaさんは博識でモテから大真面目までの幅広い切口を持つ社員。とりあえずアイデアほしかったら「Tsubasaさん、どう思う?」が鉄板です。

いい匂い計測器はさておき、この時間から何かが生まれそうだなぁと思っていた先日の朝、Tsubasaさんが突然「リカさん!ビーズの選考で知ってもらいたいこと思いついたんですよ」と挨拶にやってきました。

Tsubasaさんによると…
・就活時中に手間がかかる割にどうなのと思っていたのは「手書きのエントリーシートや履歴書」
・誠意や心を込める、といった意味合いもあるらしいが、時間がかかりすぎる
・そもそも手書きの仕事はどんどん少なくなっており、手書きを絶対視するのはどうか
・なので当時は、志望動機は手書き、スキル等のシートはPCで作成していた
・なぜ2種類を織り交ぜたのか?と聞いてくれる企業も。意図を説明する機会もいただけた。
・そんな中で、ビーズの説明会で効率性やスピード等の話があり、エントリーしようとしたら、専用のエントリーシートに入力して送信するだけと、説明会の内容と一致し納得できた。
・結論1:手書きのエントリーはもう古い(しかも超古い)
結論2:ビーズのエントリーは専用フォームに入力&送信するだけをアピールすべき!
手書きは一切しない、させないに焦点を絞りましょうーーー!!

「ほんまやぁーーーっ!!!!よく気づいたぁぁぁーーーーっ!!!!!」

ということで、こんな記事となりました(ちゃんちゃん)。




おっと、実はこれだけが伝えたいわけじゃないんです!

「◯◯を手書きで提出してください」という企業があっても、それを否定することは私にはできません。が、それを正しく疑ってみることはとても重要だと思います。
なぜ、手書きなのか。その理由があり納得できるなら全く問題なしですが、それが不納得であったり、慣習的な意味合いなら、少し考えてみる(工夫する)余地ありかなと思います。

事例ですが、
『手書きの資料作成をしている企業があります。
その企業では、これは手書きでする仕事なんだと疑うことなく、しかもそれを他の人へも当然のこととして引き継いでいました。とある日「これをPCで作成した方がずっと早く、間違いも少なくなりますよ」と提案した人に対し「そうなんだろうけど、手書きって決まっているからね」と以降も手書きをしています。』

書いていてゾッとしましたが、実際にこうしたシャレにならない非効率な作業をしている企業は意外に結構あるあるです。

ちなみにこれが当社で行われていたら…
「えーー?手書きぃーーー!?なんかこだわりあるん?効率的なやり方が他にあると思うけど、教えよか?一緒に調べてみよか。◯◯さーん、手伝ってあげてー」となります(絶対に間違いない。その前にSE軍団が「システム化しましょ~」と笑顔で飛んでくるかもしれない)。

つまり、そこ(手書き)に何も意味がないのなら、思い切ってやめること。
手間がかかる手書きの上に意味ないって、泣いていいですか?のレベルです。
ちなみに、Tsubasaさんは、それに気づいて以降、手書きの会社は全て見送りしたそうです(気持ちが強すぎて、それもすごい…)。

企業が本当にやってほしいのは良い仕事なのであります。
それが意味のない手書きではいけません。
もっと良い環境で良い仕事をさせてあげたい。手間を削減して、時間を有効に活用したい。それは社員以外の求職者の方にとっても同じ気持ちです。実は、結構前から(少なくとも8年以上前から)、当社HPの専用フォームからエントリーをしていただいており、紙媒体は一切受け付けしておりません。

最近は少なくなりましたが、以前はHPからのエントリー後も、手書きの職務経歴書や履歴書等を送付いただくこともあり、求職者に対し送付や手書きという意味のない負担を強いる企業が未だ多いのだろうなぁと、これを改善できる仕組みがあればと願ってやみません。

話は少し違いますが、USJをV字回復させたマーケターの森岡さんが
(女性社員がお茶を入れるという性差の呪いに対し)『「私のお茶を淹れる」という役割を期待されて入ったのではなく、私という1個の細胞を、いかに活躍させ、企業に貢献させるかを考え、スケジュールを含めたさまざまな調整をするのが仕事だからです。そのような相手に対して、「お茶を淹れてもらう」時間があるならば、もっと他に頼みたいことが山ほどあります。』
とおっしゃられていました。
出典:USJ再生の盛岡毅が語る、マーケティングが機能しない組織に存在する「3つの呪い」より

戦略は理念に従う。
ゆえにビーズが追求する「安楽成ス」を軸に
・やるなら(極力)手間をかけずに、かつ多くのデバイスで可能なことは何か
・ビーズらしいアグレッシブさ
を展開していきたいなぁ!と朝の無駄話ブレストから、ビーズの効率性を追求する姿勢を再確認させてもらいました(激アツな職場を想像されるかもしれませんが、雰囲気は結構ほんわかしています)。

さて、明日の朝のブレストはどんな話になるのかな!

ビーズのエントリー方法はとってもスマートです。
以下の募集職種と勤務条件のページの中から、ご興味のある職種をご選択いただき、ページを進めていただくと、専用のエントリーフォームが表示されます。
入力の上、送信ボタンを教えていただくだけになります。
※他、一切の書類を送付いただく必要はありません。

当社で働くことにご興味のある方は、是非、ご検討ください。
募集職種と勤務条件
http://www.be-s.co.jp/recruitment/appreq_job