ビーズに赤ちゃんがやってきた( ´∀`)/

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
今日、お昼休憩からオフィスの事務所に戻っていると、遠くから「んにゃんにゃ」「かわいいーーーー!」という声が聞こえてきました。
なになにー?何が可愛いのーー?と声の主がいると思しきオフィスのドアを開けると、見知らぬ方が!


はわーー!かわいぃぃぃ!!!

リカ:「どなた様?」

「はわわ」「ほえー」「んにゃ」等の発言で、意思疎通が明確にとれないことから考えると、新しく採用した社員ではないはず…(そして面接した記憶もない)

一体何者…?

と思ったら!
育児休業中のぽんさんが来社していました!

ぽんさん、現社屋の残り期間があとわずかと聞きつけて、育児休業中にも関わらず、お子様二人(双子ちゃん)を連れて会社に訪問してくださったのだそう。

おかげで、会社はほんわか~と超なごやかな雰囲気です。

日頃、戦闘能力の高さを誇っているSE軍団の責任者でさえ、ぽんさんの赤ちゃんを見て、もうべったり(抱っこに高い高いをしているSE責任者の姿を見て、やっぱり人の子なんだなぁ…と思いました。実は、若いパパさんなんですが)。

こーんな可愛い赤ちゃんなんで、当然色んな社員が取り囲み、ママの傍に居たいのに、知らない人達に抱っこされまくるという悲劇を生んでしましました…。びっくりして泣いちゃうよね…。
どうかビーズ好きの健やかな子になりますように。

※社員の数に圧倒されたのか、今日はママから離れない!という強い意思を感じました。

社長も赤ちゃんの登場に、目を細めていましたが社員の波に押されて、そっとオフィスに戻っていった姿を目撃してしまいました。気が回らない社員達でゴメンナサイ…と思うも、やっぱり抱っこしたい欲望は押さえきれません(もっと抱っこしたかった)!

さて、当社では、産休・育児休業期間中、取り残されているんじゃ…といった気持ちにならないよう、会社の最新の情報や配属先の様子、システムリリース等をメルマガ配信しております(不定期ですが)。

配信することで「ついにあのシステムがリリースされるんですね」「業務引き継ぎ後に大きな問題がなくて安心した」といった声も聞かれ、安心して育児に専念することができているようです。
そして、不定期ながらもメルマガ配信すると、育児休業中の様子を返信してくれ、それをまた社員に見せたりすると、「頑張っているんだなぁ!私(達)も頑張ろう!」っていう気持ちにさせてくれます。育児する方は本当に偉大。

さて、これからのことを考えると「いかに長く、気持ちよく働けるか」-これは育児をする方にとっても重要なことです。十数年前を比べると、家事・育児と仕事を両立する女性が随分と増えました。現代では、これを支える制度が必要とされていますが、まだまだ裾野まで充実しているとは言い難く、育児をする方にとってはまだ不安もあります。

2017年10月1日より育児・介護休業法が改正されましたが、待機児童問題はまだ解消されておりません。地域や企業が抱える課題は山積ですが現状に悲観的にならず、どうしたらより良くできるのか具体案を一つでも考え、提案し、実行することが大切です。

私たちも、まだ「できない」ことがありますが、できないことに不平を言うのではなく、どうしたら「できる」ようになるのかを提案するよう推奨しています。

※そうした提案や声の中から、「長く、気持ちよく働ける」制度を一つでも多く確立していきたいなと、人事担当者として思っています。