インターンシップは内定への近道か?

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
12月にもなると業界研究会やインターンシップ情報の案内が多くなってきました。
こうしたことに参加して、本当に内定に繋がるの?と聞かれれば、YESともNOとも言えます。

インターンシップに参加して内定が出ることもあれば、そうでないこともあります。ただ、そうでないことの方が圧倒的に多いはずです。また、企業側としてもインターンシップの参加の有無が内定を出す判断とはなりません。
それよりもインターンシップの中で「一緒に働きたいなぁ」と感じさせることが、内定の近道なのではないかと思ったわけです。

では、どうすれば「一緒に働きたいなぁ」と思ってもらえるのでしょうか。

その基準は企業それぞれだと思いますが、基本的な要素としては
・素直で一生懸命に働く姿勢
・学んできたことに対する自負
・今から色んなことを吸収してやろうとする行動力
・ロジカルな考え方
といった点でしょうか。

1DAYのような短期間の場合、細かな点は掌握しかねるものの、おおよその性格が分かります。それに就業体験をしたなら、業務理解や指示に対するアウトプットのスピード、コミュニケーション力、働く姿勢等かなりの基礎能力が見えてきます。

指示通りにやる人もいれば、指示内容に対し「◯◯したら、もっと効率的になると思います」といった人、一つひとつ周囲に確認をとりながら慎重に進めるタイプもいれば、業務依頼内容を一気にやりきるタイプ等考え方や人柄が見え、そして理念とマッチングしてようやく「一緒に働きたいなぁ」となるわけです。
※内定を出してほしいと思う先(インターンシップ企業)のことは、どういった人物が求められているのかHP等から自分とマッチングしているか確認しておきましょう。
※今までにないタイプを採用したいと考える企業の場合でも、「一緒に~」と感じられるかどうかのベース部分はほとんど変わりません。

ちなみに、企業がインターンシップで学生を迎え入れる理由は、自社の業務形態や会社概要を理解してほしい、ファンを作りたいから。採用に直結できるインターンシップを運営できたらいいなぁとは思っているものの、そのハードルはかなり高いと認識しています。なので内定が出せるとは強く考えていません。
もちろん一部で内定に直結を謳っているようなインターンシップもありますが、それでも全員に内定を出すことはほぼ皆無ということから、インターンシップには行かねばならないと必要以上に焦ることはありません。

行きたい先がないなら、その分行きたい(就職したい)先を見つける努力をした方が有益ですし、行きたい先がインターンシップを受入していなければ、企業研究を重ねることが近道となるでしょう。

就活はすでに始まっています。
この冬から動ける人は、内定時期は早く、また複数からいただける可能性が高いということは間違いありません。誰のためでなく自分のための就職活動ですので、冬休みは自分の将来に投資する(企業研究等)時間を設けられることをオススメします。