(参考情報)優良企業、ホワイト企業ってどういう会社?

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
優良企業、ホワイト企業等の「良さそうな」会社の総称はあれども、それって具体的にはどういう会社なの?すごく気になったので調べてみました!今後の就活のご参考にしてください。

優良企業
優良企業に定義はありません。
安全衛生優良企業やIR優良企業賞等の「優良」と認定する機関から認められることもありますが、ちまたで耳にする「優良企業」は、売上がよくて安定していて~というイメージがありますよね。

—-参考情報—-
安全衛生優良企業公表制度
引用:厚生労働省 職場のあんぜんサイトより
障害者雇用優良企業一覧
引用:厚生労働省 障害者雇用優良企業認定制度より
IR優良企業賞
引用:一般社団法人日本IR協議会 活動内容より
——–

基準(指標)を設けて国内の全企業を評価してくれたらいいのに…と思いましたが、結局のところは、自分にとって魅力的な企業こそが優良企業なのかもしれません。

例えば、
・自分が好きな商品やサービスがある。
・その会社でやりたいことがある(できる)。
・人間関係がよい。
等、こうしたことは指標ではなく自分に合うかどうかの次第。

なので、優良な企業かどうかを判定するには、自分が「何がしたいか」、「どういうキャリアを積みたいか」、「どうやって働きたいか」の自己分析が必要になってくるわけですね。

ホワイト企業
ブラック企業の対義語。待遇面での差別がなかったり、福利厚生が充実していたりと、社員にとって働きやすい会社をホワイト企業とされています。

このホワイト企業も基準や指標が決まっていませんが、ホワイトと言われるベースは労働環境や条件における「働きやすさ」の程度のようですね。

経済産業省は、女性、外国人、高齢者、チャレンジド(障がい者)を含め、多様な人材の能力を活かし、価値創造につなげている企業を表彰する「新・ダイバーシティ経営企業100選」を実施しています。こうした企業だと安心感がありますね。

ただ、100選以外の企業で、目立たないホワイト企業があるっていうことを忘れないでください。ネームバリューにばかり目を向けていると、身近なホワイト企業を見逃す可能性があります。
見逃さないためにも、多くの企業を知る必要があります。

—-参考情報—-
新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500
引用:東洋経済ONLINEより
新・ダイバーシティ経営企業100選
引用:平成29年 新・ダイバーシティ経営企業100選/100選プライムより
——–

一般的な優良企業、ホワイト企業って?
一般的な通念で考える優良×ホワイト企業というのは、ざっとこんな感じではないでしょうか。
1.成長性
2.安定性
3.定着率
4.有給消化率
5.平均年収
6.適性な評価
7.多様な働き方ができる

安心して仕事に集中できる職場環境で、オンオフがしっかりとある。頑張った分の正当な評価があり、会社と自身のこれからの成長に期待が持てる―このようなポイントを数値で見れたら、優良か否かの判別がつきそうですね。

実は、こうしたポイントのいくつか(上記1.~5.くらいまでは)は、ある程度の限界もありますが収集することができます。
例えば、
・就職四季報
・企業HPのIR情報や採用ページ
・OBからの情報
・キャリアセンターに申し込まれている求人票
等です。

絶対に外したくないポイントがあれば、こうした情報をチェックするのも一つの手です。
ただし…就職四季報は厚み2.5cmはあるので、読み込むとかなりの企業通になりそうな予感…。
それまでに膨大な時間がかかると思われるので、読み始めるなら絶対今!

優良×ホワイト企業に就職するには?
なかなかの人気企業であることは間違いなく、倍率も高いことは容易に想定できます。
その前に考えて欲しいのは、そこに自分のやりたいことがあるかどうかです。
良い企業=自分に合う企業とは限りません
自分の色に合っている、やりたいことがある、誇りを持って楽しく働けそう、こうした心が動く何かがあることが重要です。

そうした企業を見つけるには、合同説明会やインターンシップ、企業分析、業界研究等をしても足りない!と感じることがほとんどですが、この努力なくして入社後の満足度はありません。

就職活動はもう本番となりました。後悔しないためにも、あなただけの優良×ホワイト企業を今から見つけ、しっかりとアプローチしていきましょう。