2019の就活を考える。まずは「決める」ことから始めよう-前編-

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
いよいよ就職活動という意識が出てくる季節となりました。インターンシップに行き、業界研究。さぁ!今からいよいよ就活本番だ!と思っている方や就活をどうスタートさせようかという方がたくさんいらっしゃることかと思いますが、まずは「決める」ことをやってみましょう。

決めるって何を?と思われるかもしれませんが、たくさん決めることはあります。
そもそも自分ってどんな仕事がしたい?
業界は?職種は?働き方は?国内外でもいい?
将来はどんなことをしていたい?

キャリアプランを立てると、就職活動先もぐっと現実的になりそれらしい目標も見えてきます。
なので、就活が本番となる前に下記のことを、考えて決めてみましょう。

どこでどんな風に働くか
一番決めやすいのは、業界や職種でしょう。
ただ「絶対にこの業界!」と傾倒しないようにしましょう。働いたことがない学生の方にとっては、インターン等の経験があっても決めすぎない(絞り込みすぎない)ことが重要です。

近年では、全体的に業界の垣根が低くなっており、1社では生き残れないと業界再編をする先も増えてきた印象です。また大手でも想定外の事象により淘汰される時代でもあります。
そうした時代の中で、就活の一歩目、二歩目の段階で決めすぎないことこそ、俯瞰的な視野に立てるのではないでしょうか。

現時点では、何に関する業界で、どんな仕事をしたいのか。
そして、どんな働き方をしたいのかを決めていきましょう。

例えば、
モノづくりに関することで、デザイナーとして活躍したい。
プライベートも大切にしたいので、オンオフをしっかりつけられる会社がいい。
でも、若いうちからしっかりとデザイン案件に携わって、30歳までには役職がほしい。
-こうした思いがあれば、企業選びに大きくブレはなくなります。

あと、ブレを少なくするには「譲れないもの」を明確にしておくこと。
・自分のやりたいことをやらせてくれる先がいい。
・絶対残業嫌。
・早い段階から仕事を任せてほしい、早く活躍したい
・じっくりと教えてくれる先がいい
等。
こうした軸を持ってもどうやってチェックするのと思われがちですが、企業風土や社内制度にしっかりと反映されている場合が多く、自分の働き方とマッチングしているかどうか企業HPで確認することが意外とできたりします。

当社のHP(採用サイト「数字でみるビーズ」)でも、こんな感じで紹介しています。
HPに記載されていることは、志望される方へのメッセージなので、大きな見落としがないようにチェックしてほしいところです。

次回は、就活スケジュール等について記載したいと思います。