明日本番!新入社員が企画「立ち仕事には立ち机」ブースに遊びにきてください( ´∀`)!

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
ついに、新入社員がメインで運営する大阪勧業展2017の開催まで24時間を切ってしまいました。
ふと、明日の今頃は何をしているだろう…とよぎりますが、新卒は意外と冷静です。

自分達が主軸となって、展示会のコンセプト等を練り、提案し、承認を受けてと初めてのことづくし。自分達の感覚で業務を進めていると「それ、社内申請が必要だよ」「お客様からお問い合わせをいただくかもしれないから、製品サポート部にも情報共有しておきましょう」「アレ、どうなってる?」「何かあったら手伝うから言ってね!」等とツッコミやらフォローやら激励をいただく日々。

最初の頃は、色んな人から突っ込まれたりする度に「ハッ!!」となっていたのですが(最後の最後になって、新入社員にツッコミ出したのは、まぁ私なんですけどね…)。
やはり、自分達が企画・運営する展示会なので、詳細な情報は各人の頭の中にしっかりと入っており、前日の「アレ、どうなってる?大丈夫?(語気強め)」にも「◯◯済です」と冷静すぎる対応をしていました。
その様子から、もう多少のことでは動揺もないか…と設営のため会場入りする新入社員を見送りました。

と思ったら、一人の新入社員が社内に残ってる…!!なにゆえ…??

リカ「どした!?一緒に会場に行かないの?」
新入社員「展示会の垂れ幕の到着が運送業者の事情により遅れてまして、それを受け取ってから出発するんです。」
リカ「(前日の備品到着の遅れにも冷静な…)そっか。垂れ幕って重たくない?一人で大丈夫?」
新入社員「5キロもないので大丈夫です。」
リカ「重たかったら会社備品のスーツケース使ってね。」
新入社員「ありがとうございます、でも多分使わないので大丈夫です。」
リカ「あ、会場のマイドームおおさかだったら、谷町四丁目駅からの方が個人的に行きやすくてオススメ」
新入社員「それは有益な情報、ありがとうございます」
リカ「(こういうのが有益な情報なんだ…え?それまでの情報は?)ええっと、ええっと、何かあったら言ってね…」
新入社員「ありがとうございます、大丈夫ですよ…」

※心配性な先輩社員という生き物が、新入社員にとっていかに鬱陶しいのかが分かる会話

まぁ、上記のような会話もありつつ、展示会の垂れ幕が前日の午前中になっても未着というのには、ドッキドキ。「チキンやからさぁ、もうっちょっと早く垂れ幕が到着してくれたら嬉しいわ…」と思いつつも、実際は新入社員のほぼ計画通りに進行中。

つい先程、設営が完了したとのことで後は体調を整えて本番に臨むのみ!
明日はあいにくの雨スタートですが、その分長居してゆっくり商品に触れてください( ´∀`)
大阪勧業展2017でお会いしましょう~!