新入社員主体でサークル活動を企画させてみて、気づかされたこと。

Posted by

こんにちは、人事担当のリカです。
新入社員が入社してから早2ヶ月が経過しようとしています。
すっかり?社内には馴染んだように見えますが、意外とOJT先以外の先輩社員と絡むことが少ないようで、これは何とか自然に交流がもてるようにしないとなぁ…と思っていたら、なんとまぁ!新入社員ほっしー企画のボルダリングサークルに参加させるという手があった!と気づきました。グッジョブ、サークル支援制度!

ということで、約3週間ほど前から「ボルダリングサークルやりますー」という告知以外に、お昼休憩中に「ボルダリング、どうですか?」とロビー活動をこっそり?していたようで、当日は10人の参加希望者が集結!

うち3名は初ボルダリングでした。

※カメラを向ける都度、なんらしかのポージングをしてくれる若手社員に感謝。

ボルダリング&トップロープが初めてだから要領がつかめるまで時間がかかるだろうなと見ていたら

前世は忍者だったんじゃないかと思うほど、

すごい勢いで登頂するビギナーが現れました(ビーズ社員)。

まさにスピードクライミングでした。
下で応援していた社員からも一瞬どよめきがありました。

その後、傾斜がある面でも平然と登るので、経験者の先輩社員より「次、あれ登ってみ」とオーダーが入っていました(登頂できない姿を見てニヤリとする者あり)。

ビギナーのクセに、ひたすら難しい壁を追い求めるというビーズ社員あるあるが終始みられ、みんなで挑戦していましたが、気づけば、21:00前。
大慌てでボルダリングサークルは強制終了となりました。

最後に集合社員を撮ろうと集合中。
登りすぎにより、シャッターが上手く押せませんでしたが、参加者全員、いい顔してました。

サークルが終われば、遅めの食事へ。

サークル活動とはいえ、先輩社員を動かしたりするのはなかなか勇気がいったかと思いますが、社外で一緒に体を動かしたり、食事をすることで、打ち解けやすくなったと思います。
業務中では決して聞けないような質問も、場所が変われば聞きやすいなんてことありますよね。

あっという間にお開きの時間となり、楽しいサークル活動を主催してくれたなーと満足しながら、翌営業日に出社したら、デスクに小さなお手紙が。

手紙の中身は、主催して先輩社員とお話できて良かったことや、今回のことを受けて次回はもっといいサークルにしたいといったことが書かれておりました。

製品サポート研修をしている隙間時間でサークル活動の企画や人集めをするのにも、気苦労もあっただろうに、こんな風に会社や先輩のことを考えてくれていることに気づかされ、
人事担当者として「もっと新入社員やキャリア採用の方がすぐに周囲の社員達と打ち解けられる環境づくり等、提案していかなきゃだなぁ。ちゃんと出来ていたとは言えないよなぁ。」と振り返ることができました。

先輩社員の方から新入社員にもっと積極的に話してもらえるような、もしくは全社員が団結できるようなそんな企画を立ててみようと思います!